映画「あらしのよるに」―メイとガブ!


1000394_03.jpg


  中村獅童:ガブ ・ 成宮寛貴:メイ

林家正蔵・山寺宏一・KABAちゃん・アメリカザリガニ・小林麻耶
市原悦子・早見優・坂東英二・竹内力

原作/脚本:きむらゆういち  監督/演出脚本:杉井ギザブロウー
主題歌:「スター」/aiko(ポニーキャニオン)制作:TBS・東宝ほか

追記 小さな情報!

special.jpg



「ともだちなのに、おいしそう―」

ある嵐の夜、山小屋で出会ったガブとメイ。
すっかり意気投合した2匹は
「あらしのよるに」を合言葉に次の日に再会する。
種族の違う2匹は、秘密の友達になったが・・・。
仲間知られてしまい、2匹は仲間も、住み慣れた土地も捨てて、
新天地を目指して過酷な旅に出る。


陽気で優しいガブ、ちょっとおすましで無邪気なメイの
2匹がくりひろげる、切なくかけがえのない友情のお話。

ガブの声を担当するのは中村獅童、メイの声を担当するのは成宮寛貴


img081.jpg


いきなり映画は、幼いメイとメイの母親が
オオカミ達に襲われる場面から始まりました。

画面も暗く、残酷なシーンがリアルに表されていて
小さい子のなかには、泣き出す子もいたようです。

でも自然界の残酷な掟・・・・・・ここを押さえておくことは、
今から始まる2匹の物語りに、必要で重要な場面だったと思います。

あらしの夜、嵐から逃れてきたヤギのメイと
オオカミのガブは、話をしているうちにすっかり意気投合!
そして相手が誰だか分からないまま、「あらしのよるに」を合言葉に
あした一緒にお昼ごはんを食べる約束をして別れます。

次の日、2匹は再会してビックリ!!
お互い、食べる側と食べられる側だったからです。

でも2匹は、意気投合したまま仲良くピクニックへ!
途中お弁当を落として、おなかが空いているガブ。
おなかが空いているガブの前で、可愛くお尻をゆらしながら歩くメイ。
そして、すやすやと無防備にお昼寝をするメイ。
そんなメイに、本能と友情との間で葛藤するガブ。

始めて会った天敵のオオカミの前での
メイの無防備さは、ありえないシチュエーションだけれど
メイの小悪魔ぶりは、かわいくて笑えます。
お弁当を落としておなかが空いているガブの前で
お弁当のクロバーを食べているメイはかわいい~!


img085.jpg



むじゃきであけぴろげなメイを前にして、
ガブはまさに友情を取るか本能に従うか、戦っていくことに!
ガブの葛藤がとても面白く描かれています。

でも実はメイもガブと友達でいたいがために、
襲われるかもしれない不安と戦っていたんじゃないかな~。

やがてお互いの種族に、自分達の関係がばれてしまうことで、
2匹の受難が始まります。

2匹は社会(種族)を捨て、住み慣れた土地を捨てて
自分の気持ちに、生きるために過酷な旅に出ることに!

「秘密の友達じゃなくなりました」 メイ
「ホントでやんすね~」 ガブ
「いくところまで行ってみますか」
「生きて絶対会いましょうね!」
「もちろんでやんすよ!」

種族に追い詰められた2匹は、ここで激流に飛び込んでしまいます。

2匹は身投げをしてしまうんです!
「ガブ~!」「メイ~!」って!!!
叫びながら流されていくんです。
なんだか胸キュン!

別々に流された2匹、ガブは、メイを探しながら泣くんです。
メイと会えなくなったと!

やっと会えたメイが
「あの山のむこうに、緑の森があり、その森なら
オオカミとヤギがいっしょに暮らせるかもしれない」って
言うんです。
緑の森を信じるメイと山を越える覚悟を決めるガブ。
しかし追ってくるオオカミ。

その旅の途中、成宮くんも面白かったと言う場面が出てくるんですよ。
それは、おなかが空いてメイを食べないために、
ガブは夜中にこっそり、他の動物を食べてくるんです。

「毎晩そうやって殺しているんですよね」
「いやなんです!」ってメイが拗ねるんですよ。





img086.jpg


ここは正直面白かったです。

やがて雪山で動けなくなったメイは空腹と戦うガブに
「今おいしそうと思いました」っと
自分を差し出そうとするんです。

空腹と戦いながら「何でおいら、オオカミなんかに
生まれてきちゃったんだよ~!」と泣くガブ。
そんなガブをみて「ガブ~!」っと涙するメイに、
胸がキュン!キュン!!ここはメイとガブと一緒に泣きました。

ここだけでも成宮くんと獅童さんを使った意味は
大きかったように思いました。
メイの感情がストレートにこちらに伝わってきました。
成宮くんは本当に泣いていたのかもしれません。
声優の方にはない、演じている二人の息ずかいや生々しさが
このアニメにはすごく合っていると思われました。


013.jpg



この後、メイとガブは離れ離れになってしまいますが、
緑の森を見つけたメイはガブを待ちつづけます。
ガブがいないと生きる気力もないメイの姿はかわいそうです。

やがて2匹は緑の森で再会するのですが、
記憶をなくしたガブはただのオオカミになっていました。

捕らえられたメイは、雪山では身をなげだしたのですが
ただのオオカミのガブには食べられたくないと思うんです。

メイは泣きながら「あらしのよるに、出会わなければよかった!」と
言うんですが、その言葉にガブは記憶を取り戻します。

やっと2匹で大きな月を見ることができたメイとガブ!

今頃あの2匹はどうしているんでしょうか?
もうあの森にはいないような気がします。

やはり森から追われ、次の森を目指して旅を
続けている途中かもしれません。

月を見ていた2匹の場面には、あのオオカミ達が
2匹を追っているところが映し出されていて印象的でした。


C0000495_0.jpg


まだまだ2匹の受難は続いているんでしょうね。
今後の2匹のことが知りたくて、映画のパート2が
あるような気がするという方がけっこう多いのも頷けます。

絵画のようなキレイな画面、塗りがとても綺麗でした。
背景の質感が素晴らしく、実に丁寧に作られたアニメでした。
今まで見たアニメのなかではいちばん好きな画面でした。

物語りも余分なエピソードがない分、行間から
観た人達がそれぞれの思いで、楽しむことが出来たと思いました。

豪華な声優たちのなかでも、やはり主役の
中村獅童と成宮寛貴は特に良かったです。
インパクトありました。

陽気で優しいガブと天真爛漫で可愛いメイが
今もどこかで幸せに
くらしていますように。

「ずっと、ずっと、いっしょでやんす」

最後に流れるaikoさんが歌う「スター」がやさしくて
切なく胸に流れ込んできます。






img083.jpg




☆ 「あらしのよるに」公式ページ→ 




☆ 追記  

  「椿山課長の七日間」 の公式ページが1ページだけ
   オープンしています。
   成宮くんも3番手で名前が載っています。

   伊東美咲さんとの写真も載っていて、
   なかなかステキなツーショットです。
   
   この映画も楽しみです!



スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

また来ましたw
「あらしのよるに」すごくいい映画ですよね~。私も映画館で見て何度もウルウル来ましたv-409
雪山や森でのメイのけなげさに涙。ガブが記憶をなくしたところではガブに「なんで~!?」って言いたくなりました。。。
何かのインタビューに成宮君が「メイが泣いているところでは本当に泣きながらセリフを言いました」って答えてたと思います。そういう風に感情移入して演じられるナリが素敵v-347
私が面白いと思ったシーンは、アメリカザリガニのオオカミコンビがガブとメイ捜索中に花を見つけるシーンですかね。ガブとメイが見つかったかと思ったら、「可愛い花が・・・」ってそっちかよ!?みたいな。足を踏まれて必死にこらえてるメイが可愛かったです。結局見つかっちゃうんですがi-229

「椿山課長~」の公式ページ見てきました。情報ありがとうございます!ナリはヤクザの霊が乗り移った美容師の役でしたっけ?どんな風になるのか楽しみv
今原作を途中まで読んだところなんです。公開までに熟読しなくては!

では、長文で失礼しました~e-463
  • 2006-07-05│20:12 |
  • キナリ URL│
  • [edit]
キナリさん ♪
こんばんは~v-472

キナリさん、私も映画館で何度かウルウルしてしまいました。
こうしてDVDで見なおしても、やっぱりウルウルしてしまいます。 i-241

そうそう、オオカミに足を踏まれてガブに
口を押さえられていたメイ可愛かったですよね~。e-68
あの2匹のオオカミはアメリカ・ザリガニのお二人
でしたよね。
お花の場面も面白かったです。e-113
お二人が成宮くんのことを、感じの良い青年だったと
コメントしていたのを思い出しました。

「椿山課長・・・」の原作はどうですか?私はまだ
なんですよ。読んだら感想を教えてくださいね。e-252

  • 2006-07-05│22:31 |
  • あおい URL│
  • [edit]
ありがとう♪
e-113さん
ほんとうに、ほんとうに詳しいことを
教えてくださって有り難うございました!!
ぜひご一緒の方法で、わたしもお願い
したいと思います。その時には
またよろしくお願いします。
いそぎコメントは削除させていただきました。
もう1度、e-113さん、ありがとう!!
  • 2006-07-06│17:53 |
  • あおい URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索