大河ドラマ「功名が辻」―豊臣秀次

img087.jpg


もうじきに、大河ドラマ「功名が辻」に
豊臣秀次が登場します。7月16日から登場と
トップコートオフィシャルにも書かれていて楽しみです。

 追記  小さな動画情報!





大河ドラマ「功名が辻」の公式ガイドブック後編には
2ページにわたり成宮寛貴くんが取上げられていました。

後半の主要キャスト17名のなかの一人として
取上げられており、またあらすじを読むと
豊臣秀次が後半での、大きな見どころのひとつとなる
設定と思われますので、後半の大河はより楽しみです。

P42とP43に取上げられている写真は5枚、
甲冑姿の大きな写真1枚、小さい写真の1枚は月代姿、
城中でのナリ秀次と思われます。左からのショット。

1枚はおそらく若気のいたりで、功をあせり
小牧、長久手の戦いで大敗して、本陣に逃げ帰った時のもの。

総大将としての資質をとわれ、秀吉に太刀を向けられて
土下座して詫びているシーンではないかと思います。

こういう場面での、成宮くんは演技が上手いのだろうな~と
思ってしまいます。

まっすぐなゆえに秀吉に追い詰められていく
成宮くんの演技は、見もののひとつです。

豊臣家が秀次の切腹を境に、没落が始まるのですから、
まさに秀次の死は秀吉の終焉の始まりであったわけです。

どのくらいまで秀次が出演するか分かりませんが、
「太閤対関白」、「関白切腹」と秀次がメインになる回が
設定されているので楽しみです。
あらすじからいくと、ここは9月末頃でしょうか?

かなり演技力が必要な重要な役どころに
成宮くんが抜擢されたのは凄いですよね。


200510000263.jpg


別冊「ザ、テレビジョン」の前編の後ろのほうのページに
「個性豊かな、キャストに注目せよ!の巻」があり
そこに大加プロデューサーの
成宮くんに対するコメントが載せられていました。

「・・・・(略)・・・・・秀次は天国と地獄、両方を
見ることになった人です。そういう古典的な悲劇を
さまざまな舞台で陰影の深い芝居をする成宮さんに
ぜひやってもらいたい。・・・・・・・・・・・・・・」
と期待を寄せていました。

秀次の人生を思うと、たしかに難しい役ですよね。
そうゆう難しい役に抜擢され、成宮くんの言葉を借りれば
きっとソウルが上がっているのではないのでしょうか。

このガイドブックの成宮くんのコメントは1ページ
コメントは
成宮くんらしい真摯なものですが、なかなかウイットに
富んでいて面白いものになっています。

秀吉役の柄本明さんについてのコメントは面白いです。

「柄本明さんの演技は、何を考えているのか分からないような
演技をされるので、柄本さんの演技をこんなに間近で
見られて嬉しいんですけれど、油断できない気持ちになっています」

なんだか負けないぞ~と言う気持ちが隠れているようで
好きなコメントのひとつです。
他にも興味深いコメントが沢山載せられていました。


このガイドブックを見て思ったのですが、
共演者のなかに成宮くんと今までに共演した人が
何人かいらっしゃいますよね。

仲間由紀恵さんは「ごくせん」で、生瀬勝久さんもそうですよね。
そしてこれから、映画「椿山課長の七日間」で共演する
西田敏行さん、舞台「魔界転生」で共演する中村橋之助さんなど。

中村橋之助さんというと、彼が時代劇が好きで
大河ドラマはもちろん「御宿かわせみ」も好きでよく観ていました。
それで私も時々観ていたのですが、「御宿かわせみ」は良かった!

橋之助さんというと「御宿かわせみ」での
あの粋で自由人な「神林東吾」役を、さらりとやってらしたことを思い出し、
成宮くんもすごい人と舞台をやるんだな~と思いました。

ガイドブックのなかで「豊臣秀次」を演じきれば、
自分はまたちょっと、変わるんじゃないかと期待していると
成宮くんはコメントしています。
舞台「魔界転生」では、中村橋之助さんと共演することで
また天草四郎を演じきることで、
成宮くんはさらに変わっていくことでしょうね。
いいな~。





追記 

ルイ・ヴィトンのファッションショーの動画
GYAOから配信されています。沢山の方が参加されていたんですね。
成宮くんは少しだけ出ていますが、画面横で名前がピック・アップで紹介されています。



追記

  「アキハバラ@DEEP」の限定アルミ製
   名刺ケース付き特別鑑賞券は映画館で
   7月8日発売開始とのことです。
   くわしくは
   公式ページ
で!
   でもどの映画館でも買えるのかな~?
   一応チェックしてみたいと思います。







   
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

秀次
あおいさん こんばんは

「功名が辻」公式ガイドブック後編 買いました!読みました!
実の伯父にじわじわと、精神的に追い詰められていく様をどのように演じるのか。
秀次ナリ 相当演技力を問われそうですね。
特に最後の秀吉に苦言を呈するところは、ナリの演技の見せ所だと思いました。
現代を代表する演技派の役者さんとの共演&難しい役を演じきることで、一回り大きな役者になってくれることでしょう。
実に楽しみな役者「成宮寛貴」です!

Gyaoのアップの決め顔ナリ 何回見てもかっこいいですv-10おしゃれですv-238

”限定アルミ製名刺ケース付き特別鑑賞券”
ぜひ欲しいけれど、その前に全国公開でありますように(-人-)
「アキハバラ@DEEP」東映系
「椿山課長の七日間」「さくらん」松竹系
なので大丈夫だとは思うけれど。。。
  • 2006-07-03│23:39 |
  • ひろろん URL│
  • [edit]
ひろろんさん♪
こんばんは v-472

ひろろんさん、大河のあらすじ泣けました。i-240
でも多くの人が持っている豊臣秀次とは
かなりイメージが違うので、なにかと話題になりそうですよね。

今回の大河は織田信長もそうですが、
大石さんの色が大分強く出ているので、今までとは違うところが
けっこう楽しめそうです。

あのキレイな近江八幡の町を造った秀次ですから
きっと学者肌の純粋な人だったかもしれないですよね。
楽しみです!

そうそう3本の映画、全国公開して欲しいですよね。
そうか・・・東映と松竹なんですね。
「椿・・・・」は大規模公開になりそうですが、
どうなんでしょうね?v-265

東映系もけっこう全国公開になりそうですが、
う~ん、東宝のスクリーンを使って、大規模に
全国公開して欲しいです e-252



  • 2006-07-04│00:27 |
  • あおい URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索