映画「乱歩地獄」は2版あった!

bbs_top.jpg



主演 浅野忠信・成宮寛貴・松田龍平

出演 森山開次・市川実日子・大森南朋・岡本夕紀子・緒川たまき
監督 竹内スグル・実相寺昭雄・佐藤寿保・カネコアツシ
原作 江戸川乱歩   プロデュサー・宮崎大


成宮寛貴主演の「鏡地獄」が、オリジナル版と「R-15指定」を
映倫から受けた劇場公開版があったとは知りませんでした。
DVDの本編にはオリジナル版が納められていて、「R-18指定」と
なっていました。特典に公開版も納められていました。




さて「乱歩地獄」は『火星の運河』・『鏡地獄』・『芋虫』・『蟲』の
4作品が納められています。いずれも、大変凝った作品でした。



☆ 『火星の運河』   アート的な斬新な作品で無音。
            しかも、荒野に立つ全裸の男が静かに
            激しく映像化され、それぞれの脳内には
            音が聞こえてくるような作品。


☆ 『芋虫』      切るとかホルマリン漬とか   
            怖すぎでした。
            松田龍平くんの衣装と佇まいは、とても
            良かったです。  
            しかし今回、体当たりで演じていた
            浅野・成宮両氏に比べると、一人
            傍観者な役でした。    
            大森南朋さんがインパクトありました。

            
            
☆ 『鏡地獄』     この作品はディープで幻想的なお話でした。
            ギリシャ神話の泉面に映る自分に恋をして
            水仙になった美青年ナルキッソスが副題についている作品。
            
            ぞっとするほど美しい容姿を持つ
            鏡職人『斎秀』が鏡に魅せられ、やがて
            軌道を逸脱していくお話。
            脇を固める女優さん達も良いですよね。
            鏡文字・斜めな映像・日本家屋・乱反射する鏡、
            その中で成宮くんが『斎秀』を自然に演じきり
            その演技力は際立っていました。


☆ 『蟲』       漫画家のカネコアツシさんの作品。
            映像も色彩も音楽もまさに楽園
            ゆらゆら帝國の「ボーンズ」の曲にのり
            実に痒い映像でしたが面白い作品でした。


個人的には、『鏡地獄』と『蟲』が解り易い作品でした。

問題の『鏡地獄』での「R-18」のシーンですが、
当時22歳の成宮くんには、
ぎりぎりの演出だったと思われます。
それをさらりとやってのけるところは
さすが成宮寛貴でした。

最後まで観ていくと鏡文字の演出が、斎秀の屈折した精神を
示唆していたと思われました。

また最後の砂浜に並んだ鏡群が、
墓標のようでゾッとしました。

成宮くんは狂気と幻想的な作品や
妖しい美貌の青年の役がはまりますよね。

雑誌「+act」 VOL・06の記事によると
江戸川乱歩の倒錯した世界を表現する役者達には、
「もっとも色気を感じさせる俳優を起用」と
企画意図の書かれたプレスシートに書かれていたとのこと。

DVDで観るのと映画館で観るのは、やはり迫力は違いましたが
見逃していたところもゆっくり観れて良かったです。

成宮くんについて共演者や監督が語っている
ことについては、またあとで書いてみたいと
思います。




       

スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

はじめまして
はじめまして 成宮寛貴に陶酔しておりますひろろんと申します。

5月のはじめくらいから拝見させていただいており、
いつも知的な言葉で綴られているなと思っておりました。
時々、寄せていただきますのでよろしくお願いいたします。

「鏡地獄」の斎透は「成宮寛貴」にしか演じられない役。それほどに役にぴったりと嵌っていたと。
美しく妖しく狂気に満ちた役こそ彼に似合っていると思いました。

「探偵事務所5」「Mの悲劇」「NANA」「いま、会いにゆきます」「あらしのよるに」(これは声のみですが)「あいのうた」「KITCHEN」など8作品ともまったく違う「顔」で演じている彼はすごい役者です。(ファンの贔屓目でしょうか?)

失礼ですが、HNは何とおしゃるのでしょうか?
ビタミンさんでよろしいのでしょうか?
  • 2006-05-27│01:27 |
  • ひろろん URL│
  • [edit]
ひろろんさん はじめまして
ひろろんさん はじめまして
書き込みをしてくださってありがとうございます。
あおいと申します。よろしくお願いします。

ナリくんファンになってまだ日が浅いので
知らないことがいっぱいあるのですよ。今日は
ナリくんファンの方に訪問していただいて
とてもうれしかったです。
「斎秀」の役、ナリくんはまっていましたよね。
わたしも「乱歩地獄」の斎透のような役は
ナリくんにピッタリだと思っています。
またこういう役をぜひやってもらいたいです。

ひろろんさん
また遊びにいらしてくださいネ。

  • 2006-05-27│10:14 |
  • あおい URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索