映画「ラヴァーズ・キス」の成宮寛貴 2


ラヴァーズ・キスは

鎌倉を舞台に
孤独な朋章(成宮寛貴)と理伽子(平山綾)が偶然に
夜の海で出会い惹かれ、やがて別れていく想いと
二人をとりまく高校生達の想いが交差していくお話。





img021.jpg








☆朋章に心惹かれている高尾(石垣佑磨)

P1040140.jpg



☆高尾を想う篤志(阿部進之助)

P1040132.jpg



☆里伽子の妹の依理子(宮崎あおい)は美樹に心を寄せる

P1040134.jpg


☆その美樹(市川実日子)は理伽子を想う

P1040136.jpg




ひとつの恋愛と四人の片想いが複雑に交差していく
吉田秋生さんの漫画を実写化した青春物語。

                    
おなじ時をそれぞれの視点から辿っていく
オムニバスのようになっている映画。

2003年の映画。
公開された時はドラマ「高校教師」の頃なのか、
舞台挨拶の時の成宮くんは髪がメッシュです。

ドラマ「高校教師」の時の成宮くんは、
凄みのある役だったようですが
挨拶している成宮くんは可愛いです。

たんたんと物語が展開していくのですが
どこか甘く高校時代が懐かしくなるような物語。



まだ若い役者達が活躍している映画です。


宮崎あおいちゃんはこの頃は何歳なのか?
まだ子供って感じなのですが
不思議な存在感があります。いろいろなところで
シャボン玉をとばしています。

平山綾ちゃんは金髪です。
高校生が金髪でいいのか?ってところですが
綾ちゃんの容姿に似合っています。
なにげに舞台挨拶の時の成宮くんと綾ちゃんの
顔が似ています。



石垣佑磨くんは素の時とあまり変わらず
ちょっとお茶目な役を演じています。

市川実日子さんは一人、大人っぽいのですが
雰囲気がとてもいいですよね。
演技は好きかも。

阿部進之介くんはコメンタリーの様子そのまんまで
明るくて元気なナイスガイでした。

この頃の成宮くんのことは、何も知らないのですが
映画の朋章役ときらきらとした舞台挨拶の時とでは
雰囲気を変えていましたよね。
コメンタリーでの海でプカプカしていた時の
話は笑えました。「キスが上手すぎ」と
スタッフの人に言われちゃってます。

成宮くんとあおいちゃんは当時から
存在感があり、なにげに目立っています。





追記

蜷川さんのオフィシャル・ページ更新してます。


ず~と写真を撮っていたようです。
今度もし映画を撮ることがあつたら、
絶対にみんなとやりたい!といってます。




スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索