やっぱこの男は面白い☆ 

                          
                                        あとから写真は削除します                     hirokicast.jpg
やっぱ、この男はおもしろい。

彼は会場を誘惑する。
自分にまつわる全ての物語を自分で作り上げる。
ほころびは、すべてを 「かわいらしさ」 「幼さ」 の
強調によって覆い隠す。

彼はジャニーズとは違うのか、
スターはみな、この構造なのか。

私は現段階で敢えて言おう。

彼は違う。

これまでのスターとは違う。
彼は遊んでいるように見える。

私は彼にとてつもない興味がある。
彼の「誘惑」にのったのか。
私は今後も彼を 「窃視」 しつづける。
そのまなざしはトラブルをひきおこす。

――

この文はある大学院生が、白百合女子大学の学園祭に
登場した成宮くんを、その視線で書いた成宮寛貴くんの考察。

この方今は別ブログで、書いていらっしゃいますが
成宮くんのことを何回か取り上げておられます。

いい男の王道として、そしていちばん興味深い俳優として
成宮寛貴は欠かせません。 と言っているこの方は、私以上に
興味シンシンで成宮寛貴くんを語っております♪

なかなか面白いです。  はじめて読んだ時、ある意味感動しました。
それ以来何度もお邪魔して、この方の文を
読ませていただくのが楽しみになっております。

雑誌 「野生時代」 を読んだ時、なぜか2005年に書かれた
この記事を思い出したのです。

そこで 「野生時代」 の、成宮寛貴くん。 24歳

見出しは 「ゼロ地点からの欲望」 
表紙は、ほとんどノーメイクに近いようなリアルな男くさい写真。
「JUNON」 の、美麗な成宮くんとは全くの別人。

「JUNON」 のように、カワイイ小池鉄平くんや玉木宏くん、
塚本高史くん、桜塚やっくん、市原隼人くんから小栗旬くん。

そして伊東美咲ちゃんや上野樹里ちゃん、成宮くんも含めて
キラキラした眩いばかりのファッションと
王子様やお姫様として飾り立てられた雑誌とは違い
修正された写真は一切ないと思えるような、リアルな写真が載せられています。

フォトは表紙を含めて10枚、記事6Pは大人相手のためかなかなか濃い文体♪



img199.jpg


成宮寛貴くんの載っている雑誌を見ると
いかに彼が雑誌によって、自分のイメージを
演じわけているかということを、感じている方がいるかと思います。

この 「野生時代」 の読者層が、ただのビジュアルだけの男には、
決して心が動かないことを良く分かった上で
成宮くんはカメラの向こうで、新たなイメージの自分を
自らプロデュースしながら、演じているように見えるのです。

そして今回この記事を読んで、成宮寛貴という役者が
なにもかも失くした14歳の0地点から、いかに戦ってきたのか
その一部が垣間見えるようでもありました。

守るべき大切な家族がいたために、現実逃避から抜け出して
歩き始めた成宮くん。

そこには15歳とは思えぬほどの冷静さで
世の中を見極めて、生きようとするパワーの強さに、ある意味圧倒されます。


img198.jpg


世の中、夢を追いかけている若者が沢山いますが、
ここで彼が、他の若者と違うところは
好きなことをやっても、金が稼げなくては意味がないと
言い切ってしまうところ。

僕の逆転のチャンスはどこにあるか?
勝算のある道はどこにあるか?
自分の武器はなにか・・・・・等と自分を客観的にみて
自己プロデュースしてきた・・・・・とのこと。

確かに彼が自己プロデュースして、我々を翻弄していることに
我々自身がどこかで気づきながらも、まんまと彼の仕掛けたプロデュースに
嵌ってしまっていることが、たびたびあると思う。

彼はこういうことを言えば、こういう誤解をされるだろうが、
あえてそれを言ってしまう・・・・・という言動をしばしばいとも簡単に
さりげなく行ってしまう。

それが計算された上でのことなのか、天然なのか、それとも
偶然なのか・・・・・分からないが・・・・・観客をその仕掛けに
ずっぽりと落ち込ませ、成宮寛貴という俳優を
ますますオブラートに包んで謎めかしていく。

実際に成宮寛貴という俳優と話したことも、付き合ったこともないのだから
実際の成宮寛貴は、知らない。 まさに仮想世界の成宮寛貴を見ているのだが・・・

だからあくまでも雑誌やうわさや、本人のインタビュー記事を読んでの判断だが・・・・・・・
彼の言動を見ていると、なかなか頭の良い人だとしばしば思う。
今までも何度か書いてきたが、EQは非常に高い人だと思っている。

おそらく周りを良く見て常に行動しており、礼儀正しく、人なつこく、可愛らしく、
相手を尊敬することも忘れず思いやりもあり、場を盛り上げる才知もある。
それでいて自己防衛にも、ものすごく長けているようにも思う。


img196.jpg


だいたい 「野生時代」 の、お題が
「ゼロ地点からの欲望」・・・・・・ 欲望・・・・・・ですよ。
出発でもなく戦いでもないところが、成宮寛貴を表しているといえば言えるかな~~~

「欲望」 であるところが、なかなか意味深くそれだけに
成宮くんが人生に求めているものが、欲望に等しいほど貪欲なものかもしれない。
少なくても、インタビューした方は
そう成宮寛貴と対したとき、そういうイメージをもったのだと思う  

「多くの選択肢を持つ若者が、どこにも進めずにぐずぐずしている間に
わずかの可能性に賭けて飛び込む・・・・・・
一点に集中させるパワーを持つ。 自分や周りを変えていく。」 ― 記事から

そうして成宮くんの凄いところは、今の彼自身をその力で築きあげ、
そしてなおかつ変わり続けていかなければ、
あまりにも幅の狭い俳優になってしまう・・・と
思っているところ・・・・・

これが24歳というところが、なんだか考えさせられるし
きっとそうやって早く、大人にならざるをえない環境だったんだろうな~~~~

それなのに成宮寛貴の不思議のひとつに
実際はそうでないのかもしれないが、天真爛漫で明るいムードメーカーな
雰囲気があるし、事実 「NANA2」 の現場でも、場を盛り上げる
ムードメーカーだったと記事にある。


325714view004.jpg


その14歳、15歳の頃から人知れず今に至る道のりは
けっして容易なものではなかったろうに、
なぜあんなにも明るく性格がいいんだろうか?
もちろん、それゆえかもかもしれないが。。。。

「NANA2」 でも 「NANA」 でも感じたことは、
先日もブログに書いたのですが、成宮くん以外の男性人達が映像の中で
非常にクールだったように感じていました。

その中で成宮くんの陽の雰囲気が、画面を辛うじてクールダウンから
救っていたのは否めない。

そして、この記事の中で 「僕の青春は終わってしまった」 と
24歳の成宮くんは、言ってしまっています。

どこか、生き急いでいる感がある成宮くん。
弟さんも無事に成長していることだから、このあたりで
もっとゆっくりと、ボー~としながらの余裕の人生観ができると
また別の成宮寛貴が出てくるかもしれないな~

でも余裕の人生観そのものは、成宮寛貴と言う俳優には
不釣合いなものかもしれないのですが・・・・・・・

この文を書いている中原悦子さんが言う通り、
今を変わり続けたいと思い、脱皮しようとするパワーを
内に秘めている限り成宮くんの青春は続いていくんですよね。


img192.jpg


最終ページに成宮くん直筆の、質問に対する答えが載せられています。
これがなかなかの字を書いているんですよ。
クセの少ないなかなか上手い字体です。ちょっとビックリでした。

でも考えてみると、たしかNHKの 「スタジオパーク」 の中でも
書道を習っていたと言ってましたよね。
最後の質問コーナーでも、小さい頃通っていた書道教室の関係者の方からの
頑張れメールがありました。

この10の質問のなかから、すこしだけ

① 自分のことは好きですか

  ナリ : 基本好き・・・・たまに嫌い

② 好き

  ナリ : 動物的、感が鋭いところ

③ 自分が他人と一番違うと思うところ

  ナリ : 相談をしない。自分の事は自分で絶対決めていく

④ 許せないひとがいますか。いればどんな人ですか。

  ナリ : いる。イヤな嘘をつく人

⑤ もう死んでもいいと感じたことはありますか。

  ナリ : まだ、ない

・・・・・・・などなど続いていきます。


成宮くんは村上春樹さんがお好きなんですね。
わたしも何冊か読んだことがあります。
なかなか意表をつく幻想と現実展開のお話が多く、
感性豊かな文体が魅力的な、村上春樹さん。
「ハードボイルドワンダーランド」 が、成宮くんはお好きなんですね。

これからも、変わり続けていくであろう成宮くん!
これからも自らをプロデュースしながら、
我々をさらに翻弄し続けていって欲しいものです。

今までに、この雑誌の表紙を飾ってきた人々。劇団ひとり・松山ケンイチ・長瀬智也
元ちとせ・藤原竜也・山崎まさよし・スキマスイッチさんなど。

そして今回p379~p383まで、インタビューに答えているのは
映画「鉄筋コンクリート」 のアフレコを担当した二宮和也くんでした。
成宮くんとは、お互いの舞台を見に行くこともあると
以前どこかで聞きましたが、どうなんでしょうか?
たしかTBSの 「STAND  UP!!」 で共演しましたよね♪
 

公式サイトのメッセージ&フォト更新しましたne ♪

「天国に一番近い島へ行ってきました。(1)
・・・・・・・・・・・・・マネージャーより」 ってことは
(2)があるんですよね。楽しみ~~~

これなんの撮影なのかな~~~
ニューカレドニア・・・・・・コマーシャル?かな
 


            ・・・・・・長くなってしまった







スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「伊東美咲」ホームパーティが終わって。

大和ハウス_D-Roomの人々_美咲の部屋 「伊東美咲」ホームパーティが終わって。

旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索