功名が辻―翻弄される秀次!


今回は緊迫感があって、非常に面白い展開でした!

秀吉と秀次の緊迫したやり取り、世継ぎ争いに巻き込まれていく人々。

変化していく時勢に追い詰められて酒に溺れていく秀次。

「どう生きたらたらいいのだ!」と一豊に詰め寄る秀次の孤独な立場。

そして、いかに秀次を排斥して自分の子を豊臣の世継ぎにしようと、
画策する淀は怖いほどの迫力がありました。


淀(永作博美)が再び秀吉(柄本明)の子(後の秀頼)を産んだことで、
豊臣家後継ぎとしての関白・秀次(成宮寛貴)の立場はいよいよ危ういものとなった。
そんな状況を理解しつつも秀次は千代(仲間由紀恵)に
『わしはこの国を譲り受けたのじゃ』と言い募る(公式ページより)


千代:仲間由紀恵   山内一豊:上川隆也   豊臣秀次:成宮寛貴
豊臣秀吉:柄本明   石田三成:中村橋之助   徳川家康:西田敏行
黒田官兵衛:斉藤洋介   淀:永作博美   寧々:浅野ゆう子

今回、ドラマ全体がスピード感もあり、緊迫していて面白さに迫力がありました。
全体に若手から大御所にいたるまで、俳優人全員の演技力のレベルが高く
物語りにも奥行きがあり、ドラマの展開に魅せられました。

今回はまさに女を敵にまわしたら、あらゆる手段で無情に
どんな男とて闇に、葬り去られるというような怖いお話でした。
権力を手にし秀次を排斥しようと、わが子のために暴走する淀を
秀吉をはじめ誰も止められず、秀次はしだいに孤立していきました。
画策する彼女の前では、秀次の正論も正義も純な思いも
まるで塵のように意味のない、脆いものになっていました。

まさに秀次は、秀吉の寵愛を武器にした淀の陰謀によって
高座から引きずり落とされた時代の犠牲者のひとりだったのでしょう。

秀吉は大変に秀次を可愛がっていたという設もあり、
もしそうだとしたらよけいに、不本意なことで追い詰められていく
関白秀次はどんな思いの中にいたのでしょうか?

心を許す一豊の前で自分をさらけ出した秀次の場面は、見ごたえがありました。

一豊! わしはどう生きたらよいのじゃ!」 

淀が来てから最高の地位を持ちながらも、それに見合う
秀吉の評価も愛情も失い、疎外感を感じている秀次の
孤独な哀しさが伝わってくるようでした。

わしは生きておるのじゃ」 

この場面の一豊役の上川隆也さんと
秀次役の成宮寛貴くんの、やり取りは見ごたえがありました。
秀次の孤独な目に、おもわず涙がでました。

わしはわしの思いどうりに生きるぞ!
 
彼にとって、秀吉に言われるままに翻弄されてきた人生の中で
はじめて自分の意志で、強く生きようとしているかのようでした。

人はいかなる立場になろうとも、己の立場を生きることは出来まする

と忠言する一豊。

そなたらしい考えじゃ」 

諭す一豊に秀次が放った一言。
秀次の孤独感あふれる寂しそうな目が印象的でした。
ここは秀次の心情が溢れるように伝わってくるいい場面でした。

その人品にいろいろな説のある秀次。しかし
拾が生まれてから、秀吉からあまりに理不尽に疎んじられ
もはや先はないと思ったのかもしれません。
秀次にとって現状は、孤独だけだったのでしょうか。
 
若いものは秀次の知らぬところで、短絡的で先を見ないまま血気に走り、
頼みの綱であるはずの宿老達も 「一城の主」 と言う名のもとに
若き主君を見捨てようとしていました ・ ・ ・ ・ ・

関白秀次政権は完全に秀吉の支配下にあり、
秀次は財力、軍事力も秀吉の足元にも及ばず、力のない関白の身。
本来はもっとも信頼する宿老も、秀次を監視するお目付け役。
なによりも宿老の手痛い密告などが、
さらに彼の立場を危ういものにしていきました。

今と違って権力に反するものの側の人間は、
お家断絶、一族の皆殺しとそれこそ判断ひとつで情勢が
変わったのですから、側近達も
綺麗ごとだけでは済まない状況だったのかもしれません。

しかし今や関白を返上しても仏門に入ろうと、いずれにしても秀次には
わが子の将来を案じる淀によって、命は無かったかと思いますが ・ ・ 

石田三成(中村橋之助)が秀次を助けようと、一豊に
助言していたのが印象的でした。史実のなかにも三成が秀次を
助けようとして奔走したという説がありますが、今ドラマのなかでは
完全に淀側の人間、なんだか唐突な三成の正義あるれる様子でした。
しかし最後に三成は、まずは御身の安泰を考えよとすでに
秀次には先のないことを暗に忠告。
 
史実的にはありえないと思える千代と秀次の接点ですが、
それにしても秀次は今もなお、千代に授けられた言葉だけを
生きるよすがにして生きていたのですね。   
若い秀次の孤立感、孤独感が良く現れた37巻でした。

          
          19c3.jpg



こういう場面での秀次役の成宮寛貴くんの演技は、
緊迫感と切なさがあり、なかなか見せてくれました。
その切れた演技力に引きこまれ魅せられました。  

秀吉役の柄本明さんも今や秀吉そのもの。上手いですよね。
そして老いた秀吉を毛嫌いする、淀の凄さにはもう笑うしかありません。
永作博美さん、嵌っていて怖すぎです。

次回こちらも真っ直ぐにしか世渡りが出来そうもない一豊は
どうやって秀次を裏切ることになるのか、その展開は興味あるところです。
それにしても秀次は本当に可哀想でした。
時代を生きられなかった、哀しい残酷な最期が次回に待っています。

淀の永作さんそして柄本さんなど、異彩を放っている役者さん達のなかで
成宮くんは今大河では俳優としては、一番の若手であったにも拘わらず
華やかに悲劇の関白を見せてくれました。存在感がありました。
来週はいよいよ関白切腹ですね。もう成宮くんが出演しないのは
残念ですが、次回その最期を演じる成宮寛貴という俳優の演技に期待です。




staff angle 09 」 で秀次役の成宮寛貴くんのことが
大きく取り上げられています。また秀次の最期への軌跡
沢山の写真とともにアップされました。




スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索