迎え火と送り火-お盆


お盆の前日

仏壇の掃除、果物や菓子、お花等を
何時もよりたっぷりとお供えして

仏間も夫と二人で大掃除



そして 「迎え盆」 の朝

手先が器用な夫が先祖の霊を迎えるために
キュウリで馬を作りナスで牛を作ってくれることに・・

夫は前日にお盆用に売られている小さめのサイズの牛や馬に似た形の
キュウリとナスを購入してくれていて手際よく作ってくれて助かった

私はその間に家族と同じ食事 (霊供膳) を作り
お茶等を備えてお迎えの準備をする



夕方、いよいよお墓参り
風の強い中、墓地をお掃除してお花やお線香をあげる

なかなか風が強くお線香に火がつかない私たちに
近くのお墓を掃除していたご夫婦が小さなバナーで火をつけてくれ大助かり

夕暮れの墓地は
何時もに増して沢山のお参りの人でいっぱい

帰宅後、母や息子と共に 「迎え火」 を焚いて霊をお迎えした


DSCF4506.jpg


座敷きの御盆の回転提灯にも火を入れ後、虫の音が聞こえる部屋で
皆と仏壇を拝んで 「送り団子」 を備え・・帰ってくる人々を想って静かに過ごした

この 「送り団子」 は霊が無事にあの世に帰れるよう橋渡しをしてくれる
「六地蔵」 に備えるためのものだと始めて知った

お盆には亡き父を偲んでお線香をあげてくださる方もみえ
何時もより仏壇が華やいだ日々だった



送り盆の夕方には 「送り火」 を焚いて霊をお送りした

亡き父や祖父母たちが、「送り火」 と共に
帰って行くようなそんな厳かな空気の中で

最後には涙ぐむ母と共に、まだ亡くなって年数の浅い父の話をしながら
静かに 「送り火」 をみつめてご先祖の霊を御送りした


DSCF4510.jpg




スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索