「乱歩地獄」を待つています!!




このところ成宮寛貴くんの情報がありませ~ん。
2本の映画と2本のドラマ情報のそのあとを知りたいのですが、
「さくらん」「功名が辻」以外の情報は噂のみ・・・・。
いまは噂も楽しいというほどの情報不足です。
雑誌のアップもないし・・・(トップ・コートさん頑張って!)

そんななか、5月25日前後に届く「乱歩地獄」が今の楽しみ!
昨年の11月、浅野忠信、成宮寛貴、松田龍平という人選と
「乱歩」作品ということで、観に行かなくてはと2回の鑑賞。
オムニバス構成の濃~い作品でした。

4つの作品をそれぞれ別の監督が撮っているのに
とうしてみると1本の作品になっているような、ループしているような
不思議な感覚の映画でした。

映画「乱歩地獄」は、ダークで凝った映像、色彩と音楽が
印象的なこれぞ邦画、日本映画という映画でした。

かなり観るに堪えれないシーンもありますが、
成宮くん主演の「鏡地獄」と浅野氏主演の「蟲」は良かった!

「鏡地獄」はまさに実相寺ワールド。
当時22歳だった成宮くんには
年齢的にもぎりぎりと思える監督の演出。
それをさらりとやってしまう成宮くんと、その演技力には、
驚きだったものです。(もっとも、映画を観た成宮くん自身は
気分が悪くなり救急車で運ばれたという話もありますが)

雑誌「+act」 VOL・06の記事によると
江戸川乱歩の倒錯した世界を表現する役者達には、
「もっとも色気を感じさせる俳優を起用」と
企画意図の書かれたプレスシートに書かれていたとのこと。

その選ばれた俳優の一人が成宮くん。
浅野、松田両氏と比べると色気はあるが、どちらかというと
成宮くんは陽の色気だと思うので、ダークな「乱歩」の
世界ではどうだろうかと思っていましたが
いらぬ心配だったようです。

「乱歩地獄」読み終えて、表紙を閉じてみれば、
成宮寛貴の残像ばかりが、本の隙間からあふれくる。
そんな印象を持つた映画でもありました。

「まさに成宮寛貴恐るべし!」と、どなたかが言って
おられましたが、そんな映画でもありました。

そして浅野さん主演の「蟲」は良かったですよ。
漫画家の「カネコアツシ」さんの作品ということで
映像も色彩も音楽もまさに楽園  (実に、かゆい映画でしたが)
パンフレットのあの表紙そのままの映像に、
ゆらゆら帝國の「ボーンズ」の曲がのり、もうほんとうに
面白かったです。

DVDが届く、5月25日が待ちどうしいー!!

映画館でみる「乱歩地獄」と家で観る「乱歩地獄」は
違うかもしれませんが、今は5月25日のDVD到着が
待ちどうしい。

トップ・コートさん、情報をください(笑)


「乱歩地獄」の舞台挨拶の動画 を見つけました。
(3分37秒・成宮くんと浅野さんがよくしゃべっています。)


          
☆続きは削除しました。







    
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索