功名が辻―寵愛という武器!

功名が辻 第36話 「豊臣の子」

真っ直ぐ生きようとする秀次、軌道を逸脱しつつある秀吉

時代に馴れぬ無骨な一豊、それを支える千代。そして始まった女の戦い。

盛り沢山でしたが、どのエピソードも面白いものでした。

秀吉(柄本明)と淀(永作博美)の子・鶴松が病で急逝、
淀は寧々(浅野ゆう子)による毒殺を疑い、寧々はこれを否定したが
千代(仲間由紀恵)を呼び出し、これからは秀次(成宮寛貴)を豊臣の跡取りとして
盛り立てるよう告げる。しかしやがて朝鮮での戦、豊臣家の後継問題……。
噴出する問題に、世の乱れを予感する千代。
そして淀が再び男児を出産。この若君の誕生が
豊臣家をさらに大きく揺さぶってゆくことになる。(公式ページより)


千代:仲間由紀恵   山内一豊:上川隆也   豊臣秀次:成宮寛貴
豊臣秀吉:柄本明   石田三成:中村橋之助   徳川家康:西田敏行
黒田官兵衛:斉藤洋介   淀:永作博美   寧々:浅野ゆう子


今回はなかなか面白かったです。いよいよ淀(永作博美)と寧々(浅野ゆう子)の
激しい女の戦いが、戦乱の裏で始まったようであります。

この頃になると淀は、茶々と呼ばれていた頃にはない
アクの強い女性になっていたようです。
秀吉の寵愛を武器に持ち、権力の側に立つ女としての
圧倒的な強さを前面に出してきていました。

さらにその気位の高さと感情的な性格の中、寧々(浅野ゆう子)に
子を殺されたと思い込む淀には、母として女としての怖さが加わっていました。

淀役の永作博美さんが主役のように魅せてくれており
三成(中村橋之助)とのなんとも意味深な場面 ・ ・ ・ ・ ・

このお二人は、今回まるで秘密の恋人同士のよう。
淀の生んだ子供は三成の子のような感じです。 そういう言い伝えもあるのですが ・ ・ ・
今回は特に淀が、秀吉を憎んでいたという設定なのでしょうか?

寧々(浅野ゆう子)も淀の子を後継者に押すよりも、甥の秀次(成宮寛貴)を
後継者として盛りたてよと千代たちに命じます。

それは秀吉の妻であるという意地と、秀吉を思うが侭に操っているようにみえ
あからさまに行動している淀に対する女としての嫉妬もあったのでしょうか。

秀吉の足らない政治を奥から動かし、権力の中枢にいて豊臣を支えていた寧々。
頭が上がらず秀吉がもっとも信頼する、糟糠の妻であった賢い寧々でも
女という意味では淀には敵わなかったのかもしれません。

秀吉にとっては、淀の誇り高い振る舞い、その我が儘さえなんとも
魅力に映ったことなのでしょう。陣中に淀を連れて行く惚れ様でした。

その二人の女たちに挟まれて、秀吉に運命を翻弄されはじめた秀次を
成宮くんがうまく演じていました。

秀次は若くて真っ直ぐで、周りの空気を読めない未熟な面のある関白のようでした。
おそらくあの当時としては近代的な、後世に残る美しい近江八幡の町を作り
優れた学者でもあったことでしょう。  しかしその若く純粋な性格ゆえに、
自分の主義主張を変えることが出来ずに
自分や家族、家臣たちを最後まで守れなかったんでしょう。

自分を曲げずに真っ直ぐだったところは、清く誠実な武将だったのかもしれません。
おそらく千代の言う 「人の心を読み解くことが功名につながるだろう」 と
秀次に人生を渡る知恵を教えてくれる身近な者はいなかったのでしょう。

あるところでは、うまく時代を渡っていけない一豊の一徹さに
似ていたのかも知れません。 でも一豊にはその一豊を
補佐してくれる千代がいてくれたからこそ次の時代にまで
家系を絶やさずに守っていけたのかもしれません。

秀次にもそういう意味で支えてくれる人が必要だったのでしょう。
しかし優秀な宿老はいたけれど千代から幼少の折、授かった言葉しか
彼を本当に導いてくれた者はいなかったのかもしれません。

あそこで秀次も、出家でもして身を引いていれば、
後世に残る悲惨な結末は起こらなかったのかもしれません。

もっともすでに軌道を逸しつつある秀吉から逃れるすべは
なかったのかもしれませんが・・・・。

秀吉と秀次を分断しようと、秀次を持ち上げる家康が
なかなかの狸ぷりで、面白かったです。
その話を聞いていた一豊が自宅で書物に埋もれていたのは
似合わなくて、その様をうまく撮った映像が可笑しかったです。
やっぱりそこでも千代に生きるアドバイスを貰っていた一豊。

結論としてはいつの世も、貰う嫁によって男の人生は
随分と変わるということでしょうか。

いよいよあと2回、秀次を排斥しようとする秀吉と
しっかり生きようとする秀次の哀しく残酷な運命、
豊臣の未来を暗示するような、悲惨な事件が起こるわけですが
この2回のお話は楽しみなところでもあります。

58歳の秀吉役の柄本明さんと、23歳という若手の成宮寛貴くんの
お二人がこの場面を、どう見せてくれるのか楽しみです。









hyousi.jpg



スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西日本全域を服従させた秀吉/年表[16]-[17]

九州では島津義久が勢力を大きく伸ばし、島津に圧迫された大友宗麟が秀吉に助けを求め...

旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索