遺言を書いてみる-ある講座に参加して


遺言の下書きをしている。

下書きを練り上げたら
清書し実印を押すのみだ。


別に今すぐに、死ぬ予定もないわけだが
こんな御時世ゆえに遺言を書いておかねばならないと思うからだ。



実は先日ある大手銀行がホテルで主催した
無料の講座に参加した。

講座の内容をまとめれば 
「老いの生き方」 だった。

私にはまだ少し早い講座だったが、
いろいろ参考になることが多い充実した内容だった。

参加者はやはり初老の方が多かったが
200人近くが参加した大規模な講座だった。

その講座の中に 「遺言」 に関するものがあった。

そこで、まだ若く頭が柔軟なうちに
遺言は書いておく方が良いということを教わり

まずは手書きの遺言(自筆証書遺言)を
楽しみながらも真剣に作ってみようと思うに至った。



いくら微々たる遺産とはいえ、あまり知らない親戚に相続が移ってしまうより
身近な親族に今は残したいと思うから。

まずは息子に相続権はあるが、一家全員が一度に不幸にみまわれることが
あることを念頭にした自筆証書遺言書でもある。

現実には恥ずかしながら遺言を残すほどの物はまったくないのだが、
それでも微々たる遺産でも私の血を引くものに残したい。

ただ残念ながら書いただけの 「遺言」 は見つけてもらえないことが多く
そのまま法にのっとって法的な親族に相続されてしまうことが多いらしい。

書きあげたら誰かが見つけてくれることを願うばかりだ

それにしても私の残せるものの少ないこと (^^;)
書くこともないような気もしないでもない





スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索