映画「ブラック・スワン」観てきました


久し振りに映画を観てきた。

観たのはアカデミー賞受賞作品 「ブラック・スワン」

最優秀主演女優賞を受賞したのは 「ナタリー・ポートマン」 ぐらいしか
予備知識のないまま、暗い雨上がりの午後映画館に行ってきた。


ダンサーだった母親が、娘のために夢をあきらめた過去を引きずりながらも
その娘ニナを溺愛し過干渉な日々を送っているところから物語は始まっていく。
 
今だにぬいぐるみに囲まれた部屋で
オルゴールを聞きながら寝ている大人になりきれていないニナ

まだまだ幼く、トラウマと自傷行為を止められないニナが 
思いもかけず 「プリマ」 の座を得たことから始まるのが映画 「ブラック・スワン

プレッシャーに追い詰められて、
ついには現実と幻想の挟間で狂気の世界に堕ちていくニナ。

その真面目で大人しく自分を強く出せないバレリーナ-のニナを
ナタリー・ポートマンが演じている。

母親もミラ・クニスもヴァンサン・カッセルもさすがな存在感だったが
ナタリー・ポートマンの印象が特に強く残る映画だった。

決して画面上は、肌の美しい美人とは言い切れないナタリーだが
画面の中ではそんなことは忘れさせるだけの迫真の立ち姿はやっぱり美しい~

新作 「白鳥の湖」 のプリマに選ばれ 「白鳥」 は難なくこなすニナ。
しかし妖艶で官能的な「黒鳥」にはなりきれないニナ。

「黒鳥」 を演じきれないプレッシャーで徐々に追い込まれ、
少しずつ精神が壊れていく様をナタリーは迫力いっぱいに演じている。

ストーリーは、途中から狂気と化していくニナがクローズアップされていく。
そのニナの様子は異様で、ホラーそのものだ。

観ている側は画面を観ながら身体が硬直してくる。

ニナの壊れていく精神と共にニナと同じダメージを
観客も体験し・・・・暗黒の世界に共に堕ちていくようだった。。

まだ上映中なので詳しくは書けないが
終わりに続くクライマックスは特に衝撃的だ。

しかし最後にニナは 「完璧な黒鳥」 をついに演じられたことに
満足だったんだろうな。

たとえそれが・・・大事なものと引き換えだったとしても


「ブラック・スワン」・・・心に巣食う闇の心理映像は

疲れ・・・・・そして怖かった!


観終わった後は、席に張り付いたまま
しばらくボー然とエンドロールが回るのを見ていた。






スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索