サウンドオアシス2010-どしゃ降りの名古屋


どしゃ降りの雨のなか名古屋へ行ってきた。

目的はNHK名古屋放送局と名古屋市との共催で開催される
「サウンドオアシス2010~銀盤を飾る名曲たち」 の観覧のため。

フィギィア・スケートを彩った名曲の数々が演奏されるなか浅田真央ちゃん達の
映像が流されたり八木沼純子さんのトークショーが行われるというものだった。

「名古屋開府400年記念 2010NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」に
あわせて開催された演奏会だった。

オアシス21がどんな建造物なのかも調べないまま
コンサートの題目にひかれてそんなどしゃ降りな雨の名古屋に出かけた。


DSCF4151.jpg


オアシス21銀河の特設ステージは
実にオープンな場所にあった。

特設ステージと観客席の上には屋根はあるものの
屋根がない場所は容赦なくどしゃ降りの雨が降っているような場所だったのだ。

お洒落なハイセンスな会場だが、青緑のベンチが並んだ様子は
まるで青空コンサートの会場のようだった。

かみなり様が鳴り出したら迫力あるだろうな~と心配だったが
しかし演奏会が始まる前のステージを見るとだんだんと胸が躍った。


DSCF4150.jpg


やがてどしゃ降りの雨の音が激しく聞こえる中
コンサートが粛々と始まった。

まずは第1,2バイオリン、ビオラ、チェロの弦楽四重奏からはじまりピアノの独奏
テノールの独唱、ピアノ五重奏などが次々と披露され充実した内容だった。

N響の木全利行さんのバイオリンやビオラの小野富士さん達の
透き通るような弦楽器の奏でる音に心癒され

村井将さんのチェロ(セロ)のパート独奏(ソロ)は
なんとも心地よく心に浸みてきて素敵な夜となった。

ピアノを演奏した蔵島由貴さんはピンクのドレスがすごく可愛くてお似合いで
優雅で力強い演奏は見ごたえ十分だったし

テノールの笛田博昭さんは迫力いっぱいだった。
ぜひ聞きたかった 「トゥーランドット」 が間近で聞けて嬉しかった。

アンコール曲の 「花のワルツ」 で終わったコンサートは
雨の音も忘れた素敵な音楽いっぱいの夜となった。



帰り道、昔・・学生の頃
「ヴィヴァルディ 四季」の重奏を聞いた事を懐かしく思い出した。

あの夜、楽屋の出入り口で演者を待ち、サインを貰ったことを思い出す。
あの時のサイン入りのパンフレットは今は何処にあるかしらん・・・




スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索