「JIN-仁-」最終回(第11話)観ました


毎週楽しみにしていた日曜劇場 「JIN-仁-」

ついに終わってしまった。

原作であるマンガは残念ながら未読。。。

医療ドラマだが主人公の南方仁医師が江戸時代にタイムスリップした
SF小説を読むようなおとぎ話のような楽しいお話だった。

きっとマンガのほうも面白いのだろうな~
いつか読んでみたい。

大沢たかおさん演じる南方先生と江戸に生きる人々の触れ合いが
なんとも暖かく無理がなく何も考えずに楽しめたドラマだった。

最終話は次に続くという伏線がいっぱい貼られた内容で
続きを期待して観終わった。

最終話では特に野風(中谷美紀)との別れのシーンが印象的だった。

ふわっ~と粉雪が舞い散る美しいシーンは
舞台の最後の幕がそろそろと降ろされていくような設定でステキだった。

ストーリーも面白かったが主たる登場人物だけではなく
登場する一人ひとりがちゃんと生きていたことや

セットの隅々にまで気を使われていたことも
ドラマに引き込まれた要因の一つだったと思う。

南方仁先生はじめドラマの中でひときわ面白かった坂本龍馬
幾度か涙した咲のひたむきさ・・・・・そして生まれ変わった野風・・・・・

面白かったな~

終わってしまってホント寂しい~

でもなんとなく続編に続く予感。

シリーズになったとしたら嬉しい~

それにしても視聴率が25.3%を記録したことは凄い!!

でもホントに面白かったので納得でもある。

多くの人達に愛されたドラマ 「JIN 仁」 お疲れでした。

また何時か南方先生や坂本龍馬に会える日を楽しみにしていよう~


さとと-双葉
 
仁が終わってしまって寂しいが
実は来春に同じぐらい楽しみにしているドラマがある。

同じTBSで放送される

「Bungo―日本文学シネマー」 → 

文豪達の不朽の短篇小説が
ドラマ化されるとのことで本当に楽しみだ。

特に森鴎外の 「高瀬舟」 は一番の楽しみにしている。

鴎外の作品は大好きなのだが
なかでも 「高瀬舟」 は学生の時読んだ本の中でも印象深い作品だった。

この哀しく切ない作品をどうやって演出されているのか
それを成宮くんがどう演じるのか興味深く思っている。

ドラマ化されるのは他に谷崎潤一郎や太宰治
そして芥川龍之介らの短編小説が選ばれており楽しみだ。

太宰治の 「黄金風景」 は向井理さんと優香さんが演じるようだが  
残念ながら 「黄金風景」 は未読なので今度図書館で借りてこようと思っている。


「JIN-仁-」キャスト

南方仁:大沢たかお、未来・野風:中谷美紀(2役)、
橘咲:綾瀬はるか、橘恭太郎:小出恵介、佐分利祐輔:桐谷健太
方洪庵:武田鉄矢、坂本龍馬:内野聖陽




スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索