BARFOUT 129号








表紙は成宮寛貴くん。
表紙も含めて13ページにわたり成宮くんが
アップされている。

見ごたえ充分の表紙を含めて5枚の写真(8ページを使用)
韓国でのレポートが1ページ
そして4ページにわたるぎっしり詰まった
インタビュー記事。

テキストは江口研一氏。
この江口氏 「BARFOUT 123号」で
乱歩地獄の主演メンバー浅野忠信、成宮寛貴、松田龍平が 
表紙を飾った時に、浅野、松田、両氏の
テキストだった方。ちなみにこの時の
成宮くんのテキストは、堂前茜さん。

堂前さんのテキストは、なかなか充実していて
読みごたえ充分だった。
とくに堂前さんの書く、成宮くんのイメージを
起こした記事は、とても良かった。

今回の江口氏のテキストもなかなかである。
今までのインタビューより、成宮くんの内面を
ひきだすことに成功しているように思う。

しかしながら、大人な江口氏が掘り下げていく
質問にたいして、23歳の成宮くんの
受け答えもたいしたものだと思う。
頭のよい人だなーと思う。

インタビューに誠実に答えながらも、ちゃんと
自己アピールも忘れていないし、自分をなるべく
相手にわかってもらおうと、努力しているところは
好感がもてる。

また幼い頃の様子は、始めて知って興味深かった。
母親と銀座に買い物に行った時、博品館やガラス細工屋で
待っていたことや、水泳、鼓、ピアノなどを
習っていたこと、ミュージカルや映画を観たことなどが
記事になっている。

大きなピカソの版画のレプリカを、家から持ってきて
今、テーブルがわりにしていることや、
ガラス細工が好きなこととか、物に対する
こだわりも興味深かった。

インタビューからは、未来の自分に対して
今を投資しようとしている成宮くんの思いが
ストレートに伝わってきた。

 ― 江口氏の成宮くんに対する記事からの一部抜粋 ―

・・・(略)・・・少し先を泳いでる。だが振り向いた彼の
複雑な目線・・・・・・
充分に野心的で適度に謙虚・・・・(略)・・・・。

テキストを書く江口氏の言葉のセンスに惚れ惚れした
「BARFOUT 129号]でもありました。



スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索