映画「ドロップ」観てきました!(ネタばれ注意)


映画 「ドロップ」 を観てきた。

物語はわかりやすく
お笑いの監督らしい突っ込みが面白く

アッという間の2時間だった。

特に印象に残ったのは役者人

主人公を演じる成宮寛貴くん、水嶋ヒロくんの存在感は大きかったけれど
脇を固める俳優人の個性的なこと個性的なこと

キャストの人選は文句なしというところが品川監督!すごい!

イメージからすると成宮くんは、
ヤンキーの役だけはどうしても結びつかなかったし

水嶋ヒロくんはごめんなさい・・・ヒーローものは観たことがなく
執事の役を演じていると知って メイの最終回を観たけれど

なんだか少女マンガの世界から抜け出てきたようなキラキラ王子様で
こちらも不良とは縁遠い雰囲気。

でも意外や意外
この2人がイメージを封印してヒロシと達也を演じたことで

強さやカッコ良さだけを強調した
不良物語に終わらなかったのは面白いところ。


成宮くんのお調子者でへタレにわか不良のヒロシは

どこか憎めず人間くさくて映画の中に
温かな優しさがず~と流れていたと思う。


水嶋くんの演じる達也の淋しがり屋なくせに
切れた歯止めが利かない凶暴ぷりもなかなか良かった。

凶暴なくせにヒロシが傍にいると
なんだかホットな体温を出すのも可愛い。

思うに、水嶋くんは今回のように
インパクトのある役のほうが水嶋くんの個性が光るように思った。


成宮くんは不良というより
Jのようなテロリスト役などはすごく魅力的だが、

金属バットを振り回すような不良には
なかなか見えないわけで・・・・・・・

だからこそ不良に憧れるヒロシの役は合っていたと思うし
ヘタレだけれど、にわか不良役が新鮮で面白かったと思う。

成宮くんが達也役をオファーされていたのに
自分はヒロシだと監督に申し出ただけあると思った。

たしかに達也役ではなかったように思うし
本当にヒロシのへタレ具合があまりにもハマっていた・・・

ただ、だんだんと雰囲気も顔も品川監督に似てきて (^^;)
最後には品川さんが乗り移てしまったのかと思うぐらいだった。。 アップロードファイル

近くにいる監督を見ていつも研究していたようだが、さすがな演技力だった。


印象的だったのは瞬きをしないのに
涙がす~と流れ落ちた時にはもらい泣き。

成宮くんが、ボコボコにされたり飛び蹴りをしたり暴れまわったり
顔を思いっきり崩して叫んだりと

今までとは違った
俳優成宮寛貴の演技の幅を観れた映画でもあった。

イメージを封印した成宮くんと水嶋くんは
ドロップを面白くする要素満載のこれ以上ないほど息の合ったコンビだった。


そして脇を固める俳優人の魅力的なこと。
彼らの存在が一段と映画を面白くしていたと思う。

彼らの存在が多いに主役を引き立て
映画をより面白くしていたと思う。

レイザーラモンさんや浪岡一喜さんとか
とっても中学生に見えないけれど一見手に負えない凶暴な彼らが、
すごく人間くさくて、なんだかホッとさせられた。

最後のほうは盛り沢山なお話になってしまったようにも思うけれど
きっと監督には外せないものだったんだろうな。


話題の不良映画につきものの暴力シーン

たしかに怖かった!!

金属バットでぶちのめしたり、
割れたガラスの上でヒロシがボコボコにされた時など

痛いだろうが!! と思い・・・・・・で・・・思いっきり力が入り肩が凝ってしまった!


車が暴走するシーンも
へたすれば死んじゃうでしょう? ・・・と

やりすぎの時には止める者がいるとはいえ大人は思うのです。

でも・・・・・

画面が明るくて昼間の河原だったり
満月の夜だったり達也のどうしようもないヤクザな父親のひょんきんさとか

鼻くそ宅急便屋とかが出てきてどこかに笑い話がこぼれていて
喧嘩シーンは上手く中和されていたと思う。

暴力(死)に対する達也の口癖は議論をよぶところだろうけれど

人は簡単に死んでしまうんだということを
最後の上地雄介くんが演じていたヒデくんのことで
その意味を私なりにかってに今は理解したつもりでいる・・・・・

ただ喧嘩のシーンは
たしかにかなり怖かったけれど
その映像の撮り方、役者の動きなど

1コマ1コマ、画面のセンスがキラキラしてた。

この喧嘩シーンは、年齢や女性が観る目と男性が観る目では
かなり印象が違うのかもしれないな。


しかしこの映画
ただ力を誇示する不良同士の争いではなかったことは良かった!

超不良な彼らが、すご~く人間臭くてどこか可愛い人たちで
ボコボコにされるヒロシはじめ

粋がっている不良達の映画を観て、こんなに笑って泣いて
心が優しくなって映画館を後にしたのははじめて。

優しさだったり仲間意識だったり家族愛だったり
不良な彼らを通してそんなものが押しつけがましくなく楽しめた映画だった。ハート


≪ ドロップ ≫

*キャスト: 成宮寛貴、水嶋ヒロ、本仮屋ユイカ、上地雄輔、
        中越典子、波岡一喜、若月徹、綾部祐二、宮川大輔

*監督: 品川ヒロシ


*ストーリー

私立のお坊ちゃん中学校から“漫画みたいな不良”に憧れて、
公立狛江北中学校に転校したヒロシ(成宮寛貴)。
赤い頭にボンタン姿のヒロシは早速不良たちに目をつけられ、
河川敷に呼び出される。そこにやって来たのは、アイドル顔でありながら
極悪非道なカリスマ不良・達也(水嶋ヒロ)だった…。
いきなり、達也とタイマンを張ることになったヒロシ。だが、あっさり
達也にぶちのめされてしまう。しかし、このタイマンを機に、
転校初日からこの不良グループの仲間入りを果たすことになる
――。累計180万部を突破した、お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシの
ベストセラーを基に、自らメガホンを取ったリアル不良ストーリー。


2009年3月20日より角川シネマ新宿ほか全国にて公開

               角川映画                  

                         公式HPより~ こちらから→ 


スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索