海人の涙


90歳の彼の祖父が

新年早々

骨折!


このお正月

祖父は、なぜか

20年振りに自転車に乗ってみたそうだ。


スイスイと

軽快に自転車を走らせて得意満面だったであろう祖父が


自宅から500mの所で

車道から無理な体勢で歩道へ入ろうとして転倒!


ガーン


通りがかりの人など

みんなが集まってきて起こしてくれたようだけれど


大正生まれの頑固じい様は

恥ずかしさのあまり痛みを感じる暇もなく

這這の体(ほうほうのてい)で帰ってきたそうだ。


腫れた腕に心配する兄夫婦を無視し

お医者様にも行かず、痛みに耐え続けたようだけど


私達がお年賀に行ったのをきっかけに

私達がお医者様に祖父を連れていくことに・・・・・


祖父は 「こんなもん!メンタムをつけとけばすぐ治る!」 と強気!

パンパンに張れて茶色に変色した腕を自慢するが


どう見ても骨折か、ひびが入っているのは明白だ。


たはー


お正月の救急病院はとんでもない込みようで

3時間後やっと診察。


祖父、彼、私、海人と四人で診察室に入って行ったら

お医者様が一言

 「大人数だな~!  誰が患者だ?」 

・・・・・(^^;)

  
祖父がレントゲンを撮っている間

まだ子供の海人は待合室で待つようにと説得。


海人は心配のあまり納得しないので

もう強硬に命令・・


不満そうだけれど、

それでも海人は静かに冷静に

治療が終わる、三時間後までさらに待ってくれた。


結局はのちに手術となった祖父だが

祖父の家からの帰り

海人をさりげなくホロー


「海人、一緒にお医者様のお話を聞きたかったよね」

「うん、そうだよ心配だった!」

「うん、そうだね」


海人がちょっと涙ぐんだけれど見ないふり


母も余分なことは言わないほうがいい。


でも言わなくては通じないこともあるから

「海人、今日はホントありがと!!!」

一番伝えかったことだけ言っておいた。


それにしても手術した祖父は

治ったらもう一度、自転車に挑戦してみたいと言って顰蹙をかっている。

祖父は自分が年を取っていることを忘れているようだ。


頑固じい様の暴走は

まだまだ終りがなさそうだ。




スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索