ブラッディ・マンデイ最終回



イノセント・ラヴが

衝撃展開のまま9話を終えた時

思わずブログに書いた

“To  be  continued !!” は

10話に続くだったけれど


ブラッディ・マンデイ最終回は

思いっきり

To  be  continued ! だった!!


このドラマに続きがあるかどうかは
残念ながら分からないが・・・



最終回、面白かったな~

ブラマンのようなドラマは、

最終回ですべての謎解きをしてしまうよりも

こうして物語に謎を残したままなのもありかも。


藤丸(三浦春馬) VS J(成宮寛貴)

ファルコン VS ブルーバード

J VS マヤ(吉瀬美智子)

などなど


親子愛、友情・・・・・・

そして

暗黒な世界に生きる者達の篤くそして薄氷を踏むような絆


なかでも注目させられたのは

社会から抹殺されて

誰からも愛される事もなく

不条理な人間社会をひょうひょうと生きている J 


社会を斜めから見つつ

肉親にも見捨てられ組織にも従属しきれなかった

満たされないJの残虐さと孤独


数式を操るように冷静に

藤丸達やテロリスト仲間を気ままに振り回していたJ。


ブルバードを殺害し妹を殺害させて

最後には中性子爆弾を手に入れ結果として

教団の実権を手に入れるという荒業を

方程式を何度も立ち上げながら

たんたんんと成し遂げていたその力。

さすがJと言うべきか


それとも、
そういう方程式を祖父らと仕掛けていたのか?????

葉っぱ


見逃しがちな背景の細部まで

すごく凝っていた映像も面白かった!


無機質なダークな色彩の映像の中

ときおり挿入されるブルーやグリーンや赤が

とても効果的で綺麗だった。


最も楽しませてもらったのは

ファルコンとブルーバードが

コンピューターを掻い潜って戦った場面。


飛び散る血にまで意味があるとは思わなかった!


俳優さんたちは

みんな役に嵌っていて

登場人物の誰もに血が通っていて

誰に対しても気持ちを入れることが出来たドラマだった。


藤丸が最後まで普通の高校生だったところは面白い・・・

このドラマで強烈な印象を残した J


最後に藤丸が橋の上のJを見つけて

あわてて場所を変えたがメロンソーダーだけが置かれていた場面  ハート


大きくメロンソーダーがアップされ

エンドロールが音楽とともに始まったあたりはステキだった。


Jが藤丸と最後に会話した言葉は

今でもそらんじて言えるくらい印象的だった。(少し違うとこはあると思うが・・・・

  
  有り難うファルコン
  これで僕はいつでも東京を一瞬で終わらせる事が出来る
  でも・・・・当分は止めておくよ。霧島チャンたちに伝えておいて
  宝石箱は僕が大切に保管しておくから・・・
  あなた方が持っているよりよっぽど安全だってね。

  「今どこにいる?」

  どこにもいない  そしてどこにでもいる
  僕は最初から存在しない人間だから

  ―

  相変わらず君はおしとよしだね。
  でもねぇ  
  最初から分かっていたよ
  君が君の妹のために這いずり回っていた時から

  何かを守るものは弱い
  だけどね

  守りたいものがない人間は
  どんなに強くても最後には勝てない
  世界なんて救えない

  勝ったのは君だ
  それじゃぁ お元気で

                      ドラマブラッディ・マンデイ Jの言葉より



謎を残したまま終わったブラマン


橋の上に飲みかけのメロンソーダーを残して

闇に消え去ったJ

屋上から都会を見渡していた藤丸

なんだか終わったのがさびしいな~


また藤丸たちやJといつか会えるといいな。

でも、今回はこれでお別れだね


3ヶ月間楽しませてくれてありがとう~



キャスト

高木藤丸:三浦春馬

折原マヤ:吉瀬美智子 、九条音弥:佐藤健 、加納生馬:松重豊
宝生小百合:片瀬那奈 、南海かおる:芦名星、朝田あおい:藤井美菜 、
高木遥:川島海荷 、安斎真子:徳永えり

J/神崎潤:成宮寛貴(特別出演)

九条彰彦:竜雷太(特別出演) 苑麻孝雄:中原丈雄
神島紫門:嶋田久作、高木竜之介:田中哲司
霧島悟郎:吉沢悠  

スタッフ
プロデューサー:蒔田光治、神戸明、樋口優香
脚本:蒔田光治、渡辺雄介
演出:平野俊一、波多野貴文、宮下健作
音楽:井筒昭雄 、音楽プロデュース:志田博英
製作:東宝、TBS

主題歌
flumpool「Over the rainひかりの橋」



スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索