国家試験、難しいにもほどがある!


母に頼まれていた初盆返しの和菓子を買うために
先日、馴染みのデパートへ行ってきた。

その帰り息子に進められた国家試験のテキストを買いに
駅内の大型書店に寄ってきた。

テキスト売場で 〇〇国家試験のまずは入門書を手に取り
中をペラペラとめくってみた。



目がチカチカ 

・・・・今まで体験してきたジャンルとは、ほぼ関係がない用語の羅列に
入門書をめくっただけで頭から単語が次々と滑り落ちていく

息子がこの資格を取れば一生ものだと紹介してくれたが
まさにその通りなのだが・・・

考えてみれば、ず~と長い日々をボーっと過ごしていた私が
合格率が10%に満たない難関の国家試験に合格するのは至難の業



そうでなくてもこの頃は 「え~と、あの、その、ほら」 等と
人名、もろもろの単語がなかなか出てこない ではないか

あまりに頭が年を取り固まって、細胞のいくつかは
私の存在すら忘れているだろうと思えるこの頃なのに・・・  


確かに、この資格をこの年にして取れれば
すごいだろうな~~とは思う。

しかし、自分が持っている資格に少しでも近いジャンルの国家試験なら
なんとか希望が見えるがこれは難しすぎる



息子に弱音のメールをしたら返信がすぐ来た。
「じゃあ、新たに今の資格の少し上の国家試験をとれば?」 と

しかしこの年にして、今までのように仕事が出来るかといえば
残念ながら職業がら・・・復職は難しい~

しかし彼のアドバイスに従って、まずは自分でも取れそうな国家試験に
楽しんで挑戦してみようかと考えたりもしているが・・



この日はそのままテキストコーナーから目を反らしつつ
書店を後にした。

逸らした目はそのまま固まっている。
只今、すべては休眠中だ。






スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索