ムンク展ー生命のフリーズ


先日、上野公園に行ってきた♪

お目当ては


ムンク展          


P1130692.jpg



実はそのちょっと前に、東京都美術館で開催中の
フィラデルフィア美術館展」 を見るために上野に行っていた。 

その時まで、ジャガール展は見たいと思ったが
“ムンク” は、見る予定にはなかった。

あの日は、オーギュスト・ルノワールブータンの絵に癒されて
ムンク展の前を通り過ぎて、そのまま帰宅してしまっていた。

でも、なぜだか・・・

西洋美術館の前を、行きと帰りに通った時
ムンクの看板が目に飛び込んできて気になっていた。



P1130695.jpg


でも、ムンクの代表作のひとつ 「叫び」 の
レプリカの話を聞いていたり。。。(今回は展示されていない

優しい、穏やかな絵が好きな私には
ムンクの作品は、画集で見ても映像で見ても

 ・・・あまり好きな分野ではなかったこともあり、
見る予定に、組んでいなかった。

でも、このムンク展はすごかった!

今まで観た、どの絵画展でも感じなかった衝撃をうけた。



img016.jpg



作品は暗く、ムンクの不安、悲しみ、死そして愛が
ストレートに伝わってきた。

作品が語りかけてくるという表現があるが
まさにムンクの作品は、すごいパワーを持って正面から語りかけてきた。

これほど絵に圧倒され、衝撃を受ける作品を見たことは
今までになかったし・・・・・

ムンクの作品からは
魂を揺さぶられるような、強烈な印象を受けた。

生命のフリーズから、20年後のムンクの絵は
がらりと変わって、明るくなるのだけれど・・・

初期の作品から一貫して見えてくるのは

ムンクが、人間の生命に
畏敬の念を持って描き続けていたことだけは、
その会場にいた、絵に対する知識のない私にも伝わってきた。

100点以上ものムンクを前にすると、
作品の凄さが、実にストレートに伝わってくるものだった。

今年見た美術展の中で、これほど心を鷲づかみされた作品群はなかった。

無知な先入観だけで、ムンクを見ないで終わらなかったことは本当に良かった。


img017.jpg     img019.jpg



いつか 「叫び」 を見てみたい。

                ムンク展HP(国立西洋美術館) →  





スポンサーサイト

Pagetop


旬の花時計

最近の記事

 ~あおい

Author: ~あおい
遊びに来てくださってありがとう~

月別アーカイブ

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索